SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 毎日一万歩が目標です | main | 油断大敵 >>
令和2年路線価

 

公表されました

 

不思議と思われるかもしれません

路線価が上昇したところがある

 

不思議と思われるかもしれませんが、

コロナ禍前で行った評価だからと

ニュースで言っていた

 

 

税金を計算するとき

財産の評価額は、時価が基本ですが

時価をどう算定したらいいのか

わからない

 

1つの指標として路線価があるが

実務では、ほぼこの路線価を利用して

財産評価額としています

 

経済の落ち込みが厳しいのに

路線価が上昇では納得いかないのも、さもありなん

不動産鑑定評価という手段もあるが

鑑定費用がかかる

評価額が下がるのと、出費がおさえられるのと

費用対効果の検証も必要ゆえ

一筋縄ではいかない財産評価

 

今は、出費をどう抑えるかが大事

 

路線価上昇ニュースに、

あららという感じ

 

もんもんと考える時間だけが増加中

 

| - | 08:50 | comments(0) | - | pookmark |