SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< ガラガラ | main | 混乱 >>
職人

 

私は、自分を職人と思っている

 

得意とする資産税の税務を

深掘りすべく研修受講もかかさず

ずっとあれやこれや考えている

これって、職人気質だな〜と思う

 

相続税は、

同じ仕事のようでさにあらず

家族構成、財産構成、

なにを主体と考えるかで

同じ財産額であっても負担する相続税は違う

だから、お客様の話を

よくきかねばならぬ

業務受託をしたら、

申告終了までずっ〜と頭の中から離れない

 

週末、片山酒店の酒蔵見学をした

ご主人(社長)が、案内してくれる

先代が職人気質で、

大量生産のための設備投資をすることなく

昔ながらの製法を守り続けた結果

今がある

このような製法で酒造りをする酒蔵は

いまや数えるほどしかないのだと

 

職人っていいよね

 

私も磨きをかけようと思う週末であった

 

| - | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297703