SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 世の中発熱中 | main | 相も変わらず >>
伝えることから始めねば

 

夏休みで息子が帰省

 

家の中でも朝からバタバタ働いているので

当然お手伝いを頼めばやってくれるはずと

思っていたから

息子にごみ捨てを頼んだら

「ちょっと無理」

 

母 「.....」

 

これってどうなの?と

しばし考える

 

「なんにも手伝いをしないあなたに母は、

 怒りをおぼえます」と

感情的にならずに言い放ったら

息子が、「食器、洗うよ」と手伝いはじめた

 

阿吽の呼吸がない親子は、

コミュ力を磨かねばなりません

 

土井教授の講義で学んだおかげかと報告したら

「そりゃ、伝えないとわかりませんよ」と

さらに、面と向かって言うのがいいですねと

 

言葉を選ばなければなりませんが

伝えたいことは、しっかり言わねば

わかってくれるはずと口にださねば伝わらぬ

 

お客様との対話に活かそうと思う今朝である

 

 

| - | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297669