SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 注目してます | main | 利益は未来費用なり >>
代償分割

 

相続が起こったら、それだけで大変

なのに、

そこに相続税申告の有無の確認やら

故人の不動産の名義変更やら預貯金の解約など

やること満載

 

期限があるのは、申告だけですが

名義変更はこのタイミングでお手続きを

しないとしそびれます

 

手続きのためには、

財産分けが確定していることが必要です

 

遺言書をご準備なさる方はまだまだ少ない

となると、相続人間の合意のもと

遺産分割協議書なるものを作成せねばなりません

 

預貯金については

相続税申告書には、亡くなった日の残高で計算しますが

実際の解約金とは一致しません。

解約のお手続きは、一般に亡くなってから数か月後となるので

多少の利息が付されるためです

その差額、どうなるの? と

最後の最後まで、ややこしいのが相続なんです

 

お手続き簡素化のための助言もいたしております

 

30分、五千円の有料相談

どうぞご利用ください

 

| - | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297660