SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 申し込み完了 | main | 環境 >>
ぽつんと一軒家

 

番組表で見つけると

なんとなく見てしまうのは、私だけでしょうか

 

なんとまあ、と

私だったらとても

住もうとは思えないところでお暮ししていらっしゃる

ご夫婦の場合もあればお一人の場合もある

不思議なことに、どなたのお顔も晴々している

 

思い出すのが、上野千鶴子氏の『おひとりさま』

自立ってことに否応なく向かい合う日は

いずれやってくる

 

自助・共助・公助の順でお世話になるけど

自助で暮らせるならこれが一番いいなと

この番組をみて、いつも思うのであった

 

それでなくても限界集落が増加中の日本

望まなくとも、もしかしたら

ぽつんと一軒家っことがあるかもしれない

 

だとしたら、丈夫な足腰がいの一番

事務職で座りっぱなしの毎日と

朝夕のワンコとの散歩が唯一の運動のようなものですが

本日、雨ではいけず

 

体力維持が目下の課題でございます

 

 

 

 

| - | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297613