SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 段取り上手になりたい | main | 都市計画道路 >>
男女差

 

風土といってしまえばそれまでですが

議員は相変わらず男性が占める

女性議員はわずかであります

 

女性が輝く土台がありませんって感じ

 

自民党の女性候補者も少なかった

女性議員が多ければいいってもんでもありませんが

やっぱりどこかへんだよニッポン

 

仕事も育児も家事も女性が担うでは

倒れてしまいます

 

対等でいることになれぬ男子は

結婚に踏み切れません

 

が、ひずみはいずれ解消するはず

そうでなくては、生きずらい

 

生きずらくても今しか生きられぬ

稼いで楽しむ

そういう人生を送るために

今日がんばろっと

 

| - | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297588