SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 水やり | main | 道具を大事にすることだ >>
隣の芝生

 

人間比べることは、やめられませんが

比べても、だからなんだと最近思うようになりました

人はひと、私はわたし

 

お金を持っているから幸せとは限らない

お金がないのは不幸とも限らない

塞翁が馬 でございます

 

税金の計算ばっかりしていると息が詰まります

こんなに税金払うんですから

もう!皆さんつかっちゃいましょうよと

心の中で叫んでおります

 

30代の社長さんは、俺が二人いればな〜と

つぶやきます

つかさず私は三人ですと突っ込む

遊びに事業経営に公務にと、体が足りません

もちろんお金は羽がはえたように飛んでいくけど、

へっちゃらのようです

 

やりたいことをやる

その姿勢は素晴らしいが体は一つ

経営がおそろかになってはと

老婆心でこれではいかんと諫言しますが

大丈夫だとおっしゃる

 

なんとエネルギッシュなことか

 

同じように私はできぬ

隣の芝生をみてもしょうがないので

己の力量で大丈夫を勝ち取ろうと思うのであった

 

| - | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297576