SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< はやぶさ | main | 難解なんです >>
うれしい悲鳴

 

申告書に承認印をいただく準備をしていた

お客様から、こんなものがあったんだけどと

資料が提示される

生命保険料控除証明書に

収用の証明書の書類

 

えっ、土地を町に売ったんですね

家族の方が...

譲渡所得発生の瞬間である

 

ご本人だけでなく家族の方も

申告をする必要があることを説明し

譲渡されたご家族の申告業務も受託する

 

終わるはずの仕事も

やり直ししたり、新規に受託したりと

仕事があるのはいいことです

うれしい悲鳴をあげております

 

完了して終わりに近づくはずが

なんだか終わらず増えている

 

パズルのような毎日です

扶養親族だったのに、譲渡所得が発生すると

所得金額制限で扶養控除の適用ができない

保険料控除を適用し、扶養控除を修正しと

おわりなき申告業務ってな感じ

 

格闘の日々がまた始まりました

| - | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297557