SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
<< 気分はブルー | main | 6000万円 >>
所得税

 

個人の税金ではあるが、

税体系は家族という概念が色濃く反映されている

 

事実婚は、配偶者とは認められず

配偶者控除は、適用できない

 

親族も年収で

扶養親族として控除の対象になったり、

ならなかったり

 

働く女性は、

年収で世帯の税負担が変わるから

扶養の範囲内を選択したりと

これでいいのか、日本!

 

女性が、子育て家事全般を担い

そして働くという状況は

我が家においては、一向に改善しておりません

一番働いている私の無償労働の対価を

徴収したい気分でございます

 

男性諸君の意識改革といっても

若人は、改革ではなく未婚を選択しているようで

これまたどうしたものか

 

世の中の動きと税制がミスマッチ

とおもう所得税でございます

 

 

| - | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.okanenoiroha.com/trackback/1297543