SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Hiroko's View

FP・税理士畠山博子が、毎日の仕事や生活でふと感じたことをつづります。
医療費

 

年末調整で、精算できないもの

医療費控除です

 

還付申告のため、

医療費の領収書が必要でしたが

今年から提出は不要になりましたが

保管は必要です

 

いずれにしても

年末調整だけで完結できない所得税の精算

 

しっかり覚えておきたいものです

 

さらにセルフメディケーション税制も始まりました

市販薬のうち該当する医薬品の購入費が

12000円を超えると

医療費控除ができます

 

まずは、領収書をしっかり保管

これが第一歩

平成30年もスタートしておりますから

心掛けたいものです

 

でもね、医療費控除は税金の還付ですから

はらっていないと戻りもない

ご自身で払った所得税の確認もお願いします

 

| - | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
準備を進めましょう

 

とかく目の前の確定申告業務に追われがちですが

今年は、平成30年

 

来年の10月から

消費税が10%に、さらに複数税率になるのですから

経理担当者の苦労は、いかばかりかと

今から恐々としております

 

以前は、消費税込の総額表示と決められていたのが

8%にかわるとき、税抜き表示も認められました

 

これから10%の税率にかわることを想定して

準備をすすめましょう

 

来年のことではありますが

準備は早めをおすすめしております

 

年明け早々、もう来年の話ではありますが

大事なことでございます

| - | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
年金受給開始年齢

 

今朝の新聞の見出しに驚く

 

さらに民法改正案

配偶者に居住権には、

世知辛い世の中では、いたしかたないと思ったり

 

それにしても、

年金受給開始年齢がどうなるかは

大きな関心事

 

いまや高齢化の日本

お客様は、生涯現役と年齢を感じさせないパワーで

お仕事をこなしていらっしゃる

そうありたいと私も願ってはいるが

公的年金は老後の生活資金として重要なだけに

支給開始年齢どうなるかは、注目せねばなりません

 

いますぐ変更にはならないだろうけど

30代、40代の方にとっては

ライフプランの見直しが必要かもしれません

 

老後資金のあるなしが、生活の質を決める

 

ころころ改正になるだけに

ど〜んと未来図が描けるよう骨太の方針を示していただきたいものです

 

| - | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

 

お得なようでも、お得と言えないのが

配偶者控除の上限引き上げ

 

社会保障費の負担も考慮しないといけません

 

それでなくとも

103万と106万と130万円の3つの壁がありましたが

これからは、これに150万円の壁も加わります

 

なにがどうなっているのか

しっかり理解せねばなりません

 

どんどん複雑になっている税と社会保障

 

壁は高いよりは、低い方がいいけれど

ないのが一番いいとおもうのであった

 

| - | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ありがたい

 

雪で立ち往生し乗客が15時間近く車内で過ごした

とのニュースに思い出したことがある

 

あれは、たしか小学校低学年の時だった

秋田県大館市で暮らしていた私

成章小学校までバス通学をしていたが、

登校後、

大雪でバスの運行がどうなるかわからない

列車も動かない事態発生

かくして、雪中行軍をした

バスならたかが15分くらいの時間だが

視界不良なため車道は危険だから

安全な道をと遠回りして

2時間近くかけて歩いて帰ったことがある

顔面は、雪なのか鼻水なのか

ぐちゃぐちゃで凍りそうなのに

体は汗だらけと記憶している

必死だったのよね

雪国の暮らしは、経験した人しかわからないことが多いと思う

 

現場の方々の苦労を思えば、

安全第一で考えているに違いないのだから

察する気持ちも大事だと

雪国暮らしをしたことがある私としては、切に願うところです

 

ここでの暮らしは、雪がない!

ありがたいことでございます

毎年降雪による被害のニュースを聞くたび

しみじみしております

 

現場しらずして、

机上の考察は、なかなか一致しないと

思うのであった

 

 

 

| - | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |